Skip to content

行政書士の資格とは?どんな仕事ができるの?おすすめの勉強方法などを解説!

  • by

行政書士は、行政手続きに特化した法律の専門家です。
しかし、行政書士が独占的に行える業務の幅は非常に広く、他の資格では独占的に扱えないような案件もカバーすることができます。
そのため、自分が興味のある分野やキャリアを積んできた分野に特化することが可能です。
特定行政書士は、行政書士が作成し官公庁に提出した書類に関する許認可等の行政庁に対する不服申立手続を代理することができる行政書士です。
これは、一定の研修を修了することで認められます。
例えば、飲食店を開業したいお客様が営業許可を申請し、許可が下りなかった場合、お客様は争点が多いので弁護士に審査を依頼する必要がありますが、特定行政書士はお客様に代わって行政庁に不許可の審査を依頼することができます。
行政書士の仕事は多岐にわたります。
「税理士=税務」、「司法書士=登記」のように、行政書士には専門分野がありません。
そのため、せっかく試験に合格しても資格を生かしきれていない人も少なくありません。
しかし、数多く存在する仕事を全て理解する必要はありません。
試験に合格すればすぐに独立開業できますが、収入はもちろん本人の実力と努力次第です。
行政書士の中には、多くのスタッフを雇用し、年収数千万円という方もいらっしゃいます。
行政書士試験の合格率は、過去10年間の平均で10%前後。
最新のデータによると、2021年は受験者47,870人のうち5,353人が合格しており、約11.18%となっています。
つまり、受験者の10人に1人以上が合格することになります。
しかし、一生懸命勉強すれば、合格は夢ではなく、やりがいのある挑戦です。
行政書士試験に合格するためには、一定期間、より効率的、効果的、集中的に勉強することが重要です。
そのためには、独学で勉強するよりも、学習方法や指導方法が確立している「通信講座」での勉強方法を選択するのがよいでしょう。
行政書士試験に合格するためには、およそ1年の学習が必要と言われています。
勉強方法としては、予備校が行っている通信講座や通学講座が一般的です。
おすすめの行政書士の通信講座については下のページで紹介しています。
おすすめの行政書士通信講座比較
ぜひ、受講の参考にしてください。