Skip to content

矯正の失敗を防ぐ方法は?

  • by

まず、気をつけなければならないのは、矯正治療と歯科治療は、それぞれ別の時期に行う必要があるということです。正しい時期に、正しい手順で矯正治療を行うために、予約を取る必要があります。これはあくまで一般的なガイドラインです。治療を進めるのに最適な期間や、個々のケースに応じた最適な矯正治療プランを、担当医が判断してくれます。
失敗例2:矯正治療を行う時期や理由が間違っている 矯正治療は、患者さんに痛みや不快感を与えている奇形やその他の健康問題を改善するため、また歯並びを良くするために行うものであり、正しい理由によるものです。

芦屋のおすすめ歯科で必ず入ってくるのがM&Sさんです。

失敗例3:予約時間に遅れてしまう 予約時間に余裕のない患者さんを治療する場合、必ず院内に予約に対応できる人を用意しておくとよいでしょう。例えば、緊急ヘルプラインに電話することもできますし、家族が助けてくれるかもしれません。他のケースでは、次の定期的な予約に行くことを思い出させるために、電子メールでリマインダーを送信するように歯科医に依頼することができます。
失敗例4:患者さんが歯槽膿漏になっている 歯槽膿漏(口の中に膿が溜まっている状態)になり、局所麻酔で排出しなければならない場合があります。歯槽膿漏は痛みを伴い、治療の質に影響を与える可能性があります。歯槽膿漏を局所麻酔で排出するために、歯科医院を受診する必要があります。
失敗例5:治療費が払えない 矯正治療費が払えない原因は、様々な状況が考えられます。保険に加入している場合、保険会社のデンタル・プランという点で支援を受けられる可能性があります。保険会社に問い合わせて、矯正治療にどのような補償があるのかを確認しましょう。また、経済的な困難があると、矯正治療を受けることができなくなります。
失敗例6:歯科衛生士が悪いために矯正治療が行われない 歯科衛生士が悪いために矯正治療が行われないことがあります