Skip to content

太陽光発電を自宅の屋根に設置するデメリット

  • by

1. 設置費用が高い
太陽光発電の最大のデメリットは、導入コストが高いことです。商品や設置する地域にもよりますが、多くの場合最低120万円程度です。
太陽光発電システムの設置費用は徐々に下がってきていますが、決して余裕のある金額ではありません。
安いメーカーを選ぶ、自治体の補助金制度を利用する、など
東京都練馬区の安い太陽光発電業者を見つけたいときにはこちらの専門サイトを一度見ておくことをお勧めします。
2.発電量は天候に左右される
太陽光発電は日射量に大きく影響されます。 雨が多い梅雨時期や、日照時間が短い冬場は、思うように発電できない場合があります。
太陽光発電だけで賄えない場合は、電力会社から電力を得る必要があり、もちろん自費で賄わなければなりません。
心配しないでください。雨のためにいつもお金を失うような状況にはなりません。
3.設置ができないケースもある
メーカーにもよりますが、1枚のソーラーパネルの重さは15kgです。 一般的な住宅には、平均して約 20 ~ 30 枚のパネルが設置されています。
これは、パネルを設置するだけで、屋根と家屋に 300 ~ 450 kg の荷重がかかることを意味し、転倒はほとんど想像できません。
ただし、家屋や区画の構造によっては、設置をお断りする場合があります。
太陽光発電は蓄電池と合わせてお得!
太陽光発電の性能を最大限に発揮させるために、蓄電池との併用をおすすめします。 蓄電池とは、充電して何度でも使える「二次電池」で、災害時の備えにも大いに役立ちます。
蓄電池の設置にはかなりの取得費用がかかりますが、昼間に発電した電力と、安価な夜間の電力を自家消費することができます。