Skip to content

ペットのための虹の橋

“ペットを飼った経験があるという方も多いのではないでしょうか。
近年、ペットの定番の犬や猫だけに留まらず、鳥やうさぎ、ハムスター、モルモットなどのエキゾチックアニマルと呼ばれる動物達もペットショップで数多く売られるようになってきました。
飼い主によって選ぶペットは様々ですが、おそらく殆どのペット達は家族同然の存在として、大切にされていることと思います。ですが、その多くは人間よりも寿命が短く、最愛のペットの最期を看取ることは飼い主の宿命でもあります。
最愛のペットが亡くなることは、周囲からはそれ程重要視されず、同情されない可能性も高いですが、飼い主にとっては大きな悲しみとなります。そんなペットロスに陥る方の心に寄り添ってくれる存在が、「虹の橋」のお話しです。
「虹の橋」とは、天国の少し手前にある、愛された動物達が過ごす場所です。空は青く晴れ渡り、食べ物にも水にも困ることもない、とても暖かく気持ちのいい広い草原です。病気だった子も、怪我をしていた子も、年老いた子も、みんな元気になり生き生きと過ごせます。でもここは天国の手前です。なぜ、天国ではないのでしょう。
それは、大好きだった飼い主が迎えに来てくれるのを待っているからです。
そう、「虹の橋」は最愛のペットとまた再開できる場所なのです。再開した飼い主とペットは今まで会えなかった分の寂しさを埋めるように抱き合い、その後一緒に虹の橋を渡って天国に行くのです。
しかし、この「虹の橋」の入り口には「雨降り地区」という場所もあります。
この「雨降り地区」から抜け出せず、冷たい雨に打たれ、寒さに震え、悲しみに打ちひしがれるしかないのです。
ここは、残してきてしまった飼い主が悲しむ間、ペット達が過ごす場所なのです。
飼い主が自分の死を悲しむ中、ペットはとても自分だけ幸せな場所には行けず、共に悲しみに耐えているそうです。
亡くなった後、どのような世界が待っているのか、生きている私たちにはわかりません。
しかし、こんなお話が、ペットを亡くした方達の間では語り継がれているのです。
ペットロスでいつまでも悲しみが癒えず、何も楽しめないことは、きっとそれだけ自信の中でのペットの存在が大きかったからでしょう。もう会えない、もう触れ合えない、そんな未来を想像したら気力もなくなるでしょう。
しかし、ペットと過ごしてきた幸せな時間は、必ず心の中にあるはずです。亡くなった事ばかりに囚われず、ペットがくれたたくさんの幸せを思い出し、ペットが安心して「雨降り地区」から「虹の橋」へ行けるように、少し気持ちを前向きに持っていってはいかがでしょうか。
「虹の橋」は絵本にもなっています。気になった方は手に取って、亡くなったペットに思いを馳せてみてもいいかもしれません。
Udemy Python おすすめ