Skip to content

ブラジルのボルソナロ氏、ウクライナ戦争終結のために制裁ではなく和平協議を呼びかけ!?

ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は24日、ウクライナでの紛争に終止符を打つには外交が最適だと訴えた。
ニューヨークの国連総会での演説でボルソナロ大統領は、永続的な平和への第一歩は「即時停戦、民間人と非戦闘員の保護、住民を支援するための重要なインフラの保全」でなければならないと述べた。
ボルソナロは、ブラジルはロシアに対する制裁が、ロシアのウクライナ侵攻に続いて始まった7ヶ月の紛争を終わらせる実行可能な方法だとは考えていないと述べた。
「国際法と矛盾する一方的で選択的な制裁を採用することが最善の方法とは考えていない。これらの措置は、経済回復に害を及ぼし、欧州諸国を含む脆弱な人々の人権を脅かしている」とボルソナロは述べている。
「ウクライナの紛争の解決は、交渉と対話によってのみ達成される」と述べた。
いくつかの背景がある。4月、ロイターは、ロシアが国際通貨基金、世界銀行、経済上位国グループであるG20において、制裁に直面するブラジルへの支援を要請したと報じた。
ウクライナ危機でブラジルを中立に保つボルソナロ氏は、侵攻開始の約1週間前の2月16日にロシアのプーチン大統領を訪問した際、「連帯」を表明した。ブラジルのカルロス・フランカ外相は以前、ロシアのG20からの除名に反対すると発言している。