Skip to content

「食事管理+運動」でリバウンドしないダイエット

  • by

健康的なダイエットのためにしてはいけないことは過度な食事制限です。食べないダイエットで体重が減っても、必ずと言っていいほどリバウンドします。ここでは過度な食事制限をせずに健康的に痩せるダイエット方法を解説します。
ダイエットの基本は「食事管理+運動」これだけです。
特に食事管理は大切で、脂肪を燃焼させて体重を減らすなら、「摂取カロリー<消費カロリー」を意識しなければなりません。食事管理はまず自分の1日の消費カロリーを把握する必要があります。消費カロリーは「基礎代謝+活動によるエネルギー」になります。基礎代謝とは、何もしなくても1日に消費させるカロリーのことです。これは年齢・性別・筋肉量などで個人差があります。それに運動によって消費されるカロリーを足したものが1日の消費カロリーです。
対して、摂取カロリーは1日で口にする食べ物によるカロリーです。
ダイエットは摂取カロリーが消費カロリーを下回っている状態を作るのを意識しましょう!
具体的な方法を紹介します。
ダイエットが続かない最大の原因は「空腹に負けてしまうこと」です。空腹状態を作らないためには、食事を小分けにする方法をオススメします。1回に食べる量を減らして、1日5回に分けて食べることで空腹状態を作らず、摂取カロリーを減らすことができます。1回の食事は必ず決めた量以上は食べないようにしましょう。
合わせて運動をすることが大切です。運動は筋トレがオススメ。ランニングなどの有酸素運動は動いている時しかカロリーを消費しません。対して筋トレで筋肉を付けると基礎代謝が上がり、痩せやすく太りにくい身体を作れます。つまり運動していない時にもカロリー消費を上げられるので脂肪燃焼に効果的です。特に女性の方で筋肉を太くするのは嫌だという人がいますが、女性はホルモンの関係から筋肉を太くするのは非常に難しいです。むしろ筋トレをすることでスタイルが良くなり、美しい体型になれます。
消費カロリーと摂取カロリーは正確に把握して計算するのが一番ですが、ダイエットを続けるうちに、これぐらい食べれば痩せるか太るかが分かってくるので、感覚的なもので問題ありません。
ダイエットは継続することが一番大切です。痩せてきれいになる、カッコ良くなるという強い意志を持つことで結果がついてきます。
空腹による辛い思いをせず、健康的にダイエットをするには「食事管理+運動」の生活を心がけましょう!
法人 営業 スキル